So-net無料ブログ作成
検索選択

また大福か [○コマ劇場]

ことの発端は以下略。
だって作りやすいのだもの。

もう ふりには のらないぜ



TS3W0149.jpg
正直に申し上げますと、おでこの目は忘れました


だいふくっきんぐ.jpg










※なお、サラマン大福はスタッフが美味しく頂きました

だいふくっきんぐ2.jpg


                うまかっ   です

ユタネットたぬき [○コマ劇場]

元ネタはこちら、りぷるん:So-netブログ『サラマンマウス』より。
勝手に描くだけじゃなく勝手にリンクだってするよ!
迷惑だったら一言下さい、ゴメンネゴメンネー



ユタネット1のコピー.jpg




ユタネット2のコピー.jpg



ユタネット3のコピー.jpg



ユタネット5のコピー.jpg



ユタネット4のコピー.jpg



ユタネット6のコピー.jpg




ユタネット7のコピー.jpg



ユタネット8のコピー.jpg



ユタネットnのコピー.jpg


ユタネット9のコピー.jpg


ユタネット11のコピー.jpg


ユタネット12のコピー.jpg


ユタネットotiのコピー.jpg




以下、言い訳いろいろ。


ぶらりと動植物園で散歩してきた日のこと

某日の書き殴りより抜粋。

↓昨年
TS3H0069.jpg

↓今年
TS3W0100.jpg

『あえてバニラは置いてません』の遊び心が好きだったのになぁ、コーンポタージュ味なくなってるし・・・
ここの売り場のばーちゃんも良い味出してたんだけど。
ということでレモン味のソフトクリームを注文したら予想以上にレモン味でした酸っぱい。
しかしまぁコーンポタージュといいレモン味といい、スジャータさんは良い仕事をします。
ソフトクリームといえば、バラ味はネタでした、『バラの匂い』の味がするとしか言いようの無い感覚は、まさに味覚の創造と破壊。
機会があればぜひ一度お試しあれ。

ってあれ、わざわざアイスを食べに動植物園に来たんだっけ、と真っすぐ休憩所のアイス売り場に来ておいて今更疑問に思ったので植物園のでかいビニールハウスへ・・・行く前に

スィンパ:あのビニールハウスってソフトクリーム食べながら入れましたっけ?
売り子さん:あ、はい!大丈夫ですよ!

TS3W0105.jpg
[温室内においての飲食、喫煙はご遠慮下さい]
大丈夫じゃありませんでした

ビニールハウスの中ではサガァロの展示が一番好きですがカップルがいちゃついていたので写真は無し、成長してないように見えたのは気のせいでいい。
季節は秋ということで、取り立てて何かが満開だったという記憶も特にありませんが、

TS3W0104.jpg

このサボテンが折れて通行人を怪我させたら植物園に賠償責任が発生するのだろうなぁ、痛そうだなぁとか

TS3W0101.jpg

妙に水底がスッキリしているなぁと思ったら、現実が突きつけられていたりとか
変な方向にばかり見どころがあるのでした、相変わらず素敵。

ビニールハウスではありませんがバラ園で小さいバラのつぼみを見つけたので一つ。

TS3W0096.jpg

大変美しいつぼみでした、いっそ咲かなければ良いのに。

植物園を抜けると動物園の施設が目立ち始めます。
ちびっこふれあい広場みたいな場所で久方ぶりにヤギに餌をやりましたが、ヤギの餌回収技術が巧み過ぎました。
餌を差し出した次の瞬間には消えているって、なんか掃除機みたい。
いや吸いこんでるあたり実際掃除機か。
ところで鳩の餌といい、鯉の餌といい、動物の餌はなぜ50円なのだろう・・・
と思いかけましたが、鹿せんべいは10枚150円らしいので忘れておくことにしました。

場所は同じくちびっこふれあい広場にて、アヒルだかなんだか。

TS3W0099.jpg

水中側から覗いてたら接近してきたので素直に撤退。
この頃に、着ぐるみの動物を一通り撮ったら面白いんじゃないかと思いましたが、ウサギもモルモット(電気ネズミ担当)も触るための順番待ちが長かったのでなかったことにしました。

うろうろしているとあまりに自然にホンドタヌキの飼育施設があったので素通りしそうに。

TS3W0107.jpg

中型犬にイノシシ足したようなもっさりした歩き方でした、意外と細い顔をしている。

ツルのような頭身の鳥の若鳥がバサバサピョンピョンしていたのでじっくりと翼を観察。

つばさ.jpg

最後に身震いして翼を綺麗に納める感じでした。
翼を納めると何とも解せないフォルムです、何あのツルっとした形の生き物。
そして写真に撮ろうとせずに動画を撮れば良かったのだと描いてから気付いた。

あとは観覧車に乗って
高い場所怖い→どうにか逃げ出したい→でも動けば揺れて落ちそう→高い場所怖い
の負のスパイラルを楽しみ

帰る道すがらペンギンを眺めて帰りましたとさ。

TS3W0123.jpg

もう少し体力があればスワンボートで池を一周タイムトライアルとかおっぱじめるところでした、セーフ。

着ぐるみで 列成し歩けば 西の町 揺れる尻尾に 振りかえる人 [その他諸々]

57577で語るには風情が足りないとか、言ってはいけない。
そして短歌に季語は必ずしも必要ではないけれど、着ぐるみは間違いなく冬の季語。
私です。
ってこの書き出しで始まるのは久し振りだなあ、最近はずっと白紙や○コマ劇場だったから。

そう、先日MFLプレイヤーのご一同と再会するために大阪に行って参りました。
朝っぱらから近鉄はアーバンライナーに乗り込み2~3時間、
出発するタイミングが酷くて思い出すだに心臓に悪い、発車時間ギリギリでの乗車でした。
あらゆる物事の時間ギリギリを攻めるとき、語っても語りつくせぬ緊張感や焦りが伴ないますがここでは省略。

なんば駅での近鉄-地下鉄の乗り換えは、構内地図を凝視してそろそろと移動しどうにかクリアしましたが、梅田は何も分からないまま適当に歩いていました。
紀伊国屋の横にモニターがある場所とだけ考えながら広場っぽい場所を探したり階段を下りたり引き返したり、何も考えずに歩いていたので帰り道が大変だなぁと思ったりしましたが、もっと変な場所に辿り着いてもおかしくなかったのになぜか無事に集合場所に到着。
着ぐるみの神様が私を約束の地へ導いたのだと思います。ええ。

このとき集合時間の2時間ほど前でしたが、某テストのためにお越しくださったヘルメットの人が先に来ていらっしゃいました。
ピカチュ○の着ぐるみを差し出しても着渋らないあたり、着ぐるみパジャマの才能がありますね。
持参した爪切りでタグを外し、梅田で定番の待ち合わせ場所(らしい)巨大ディスプレイの前にタヌキと電気ネズミが揃う。
あとはしばらく必死こいて某テストに励んでいたのであまり覚えていませんが、着た人に着ぐるみを配布。
気付けばオレンジタヌキ、ピンクウサギ、緑ゴジラ、黄色ネズミ、モノクロペンギン、黄黒トラという目にも鮮やかな着ぐるみ小隊が駐屯していました。
トラさんの着渋りっぷりは思い出の一ページとして深く心のアルバムに刻まれた。
でもリアクションとしては一番正しかったのだろうなぁ・・・
着ぐるみを着る面々を見てこう・・・、感無量ってものを味わいました。
ウサギさんが似合わな過ぎてインパクトが強い・・・

集合完了後、各々着ぐるみ完全武装だったり暑さに負けて上半身解除していたりしながら、地下を歩いては道行く人の視線に晒され、551のアイスを食べながら道行く人の視線に晒され、お昼ごはんを探し求めては道行く人の視線に晒されておりました。
当時を振り返ってみて思うことは、最初のうちは周りの視線を気にしていたんだなぁということです。

お昼は変わり親子丼というのか、なんだかチャレンジャー精神溢れる丼飯屋でした。
それにしても、着ぐるみの一段に進んで声をかけて来るとは、大阪はどこも店員さんの肝が据わりすぎている・・・(褒め言葉)
ここではウサギ・タヌキ班が鍋の底に白米をくっつけて、他のメンバーが失敗していないことに愕然としたり、
猥談でもすれば良いじゃないとか言いながら隣の席のマダムを気にしてみたり、
ペンギンさんがわざわざ大阪まで来てカレー味の料理を食べていたり(こだわる)、
ウサギさんが割りばしを片手でへし折ったり、
ただの昼食でもなかなか楽しかったような、そうそう、戦隊モノでイエローはカレー好きな印象があるがその実カレー好きなイエローは一つの作品でしか登場してないとかそんな話もしてました。
完食してから『ご飯少なめ30円引き』の文字を見つけた時の悔しさは忘れまい。

梅田の町に繰り出して・・・のあたりでもう周囲の視線を気にしなくなっていた気がします。
都会のビルに観覧車って名古屋にもありますが、需要ってあるんでしょうか、見ていて楽しげなので気にしませんが。
地上の街並みもごちゃら~っとしていて、地下と良い勝負なラビリンスでした。
見知らぬ街ってこういうものね。

で、ボウリングの順番待ちでゲームセンターに行き、・・・ちくわゲーの存在感が大きすぎて他のゲームが霞みますが何か・・・
ああ、あと冷蔵庫様、あのヒントは発案者出てこい級。誰がカメハメハ大王に反応できるかと、初見殺しすぎるでしょう。
これだけで何の話か分かった人は、参加者か、そうでなければあのクイズに一人で答えることが出来る人です。
100円って偉大だなぁとしみじみしました。
アイスのUFOキャッチャーで取れなかったのが未だに悔しい。

そしてボウリングでの店員さんのサービス精神が、また眩しかった。
着ぐるみの客に対応して冷房の温度を下げ、写真まで撮ってくれるという隙の無さ。
かき氷が美味いってもんです。シャリシャリ。
かき氷を食べ始めたボウリング二周目の惨憺たるスコアもまた良いんじゃないでしょうか。
私にはピンの被り物オン着ぐるみや、イチゴ味のかき氷を着ぐるみに溢して返り血っぽかったことの方が重要です(キリッ
しかしゴジラさんあの尻尾で普通に良い記録出してるとかどういうことなの・・・邪魔じゃないの・・・
一方私はガーターだらけ、脳裏でガッツが削れる音がしました、あれは自分でピン倒しに飛び込んだ方がスッキリするに違いない。

ボウリングの後でもゲームセンタータイムがありましたが記憶が混ざっているのでなんとも
競馬のゲームでは知らない名前の騎手ばかりでs
嘘です岡部さんとか横山さんとかSFCの競馬シュミレーションゲームでお世話になりまくった名前が多く見られて早くメダル使い切ってしまいたい一心で7番人気騎乗の的場さんに全賭けして見事に使い切りました本当にありがとうございました。
まぁ馬の方は正真正銘わけわからん名前だらけでしたが、とりあえず馬の年齢表記が旧式だった頃の競馬しか知らないので、2歳馬が出走していることに違和感しか感じません・・・
ところでなんで岡部さんゲームの中では現役なんですk(ry
ちなみに、この頃には完全に着ぐるみが馴染んでいましたとさ、恐ロシア。

そして再び着ぐるみで街を行く一向、お夕飯を予約してある店の所在地は大須のような場所でした、活気やカオス具合は5分増し。
すぐに目指す店のものらしい看板を見つけたのですが、その店のあるべき場所はどう見ても別物そうな店で、その上閉店状態でした。
各々「?」マークを浮かべつつぐるっと建物を一周し、少し離れた場所に目的の店を発見、あの看板って一体何だったの・・・
そしてここでも着ぐるみに動じない店員さん、きっと大阪じゃ着ぐるみなんて当たり前なのだわ、着ぐるみじゃない方がおかしいくらいなのだわ、
そうでなければ、こんなに動じないのはおかしいじゃないの。

着ぐるみに食べこぼしが付くのも旅の思い出だと思うのですが、参加者一同の御厚意で着ぐるみはここまで。
串に鶏軟骨の唐揚げにあれは何焼きだったか、あとピザと、なんだかいろいろ美味しかったです。ソースの味きっついネ!
タバスコは辛味が大好きな友人に影響されて、あの瓶を見ると料理を真っ赤に染める癖がついてしまったのだと言い訳しておきます。
隣の席の真っ赤なたこ焼きが綺麗でした。流石ロシアンたこ焼き、当たる先を分かっていらっしゃる。

前回の名古屋オフ二次会での流れで、7chオフでは『デザート欄は制覇するもの』になりました。
限定5食のフォダンショコラを一口いただき、これがフォダンショコラというものだと脳に味を刻みこんだり、
なんかよく分かりませんでしたが異様にオサレなアイスのような生クリームのようなデザートをいただき。
一人一品なんて余裕じゃないですか、なんて言ったら名古屋の山の喫茶店がこちらを睨んでくるので口を噤んでおきます。

締めに一品頼んだところで料理が来るまでに時間がかかりすぎてしまったので、帰りの電車の都合で途中離脱しました。
離脱した時間もなかなかギリギリで、当然電車に乗り遅れるところだったのですが、そこはトラのお兄さんがどうにかしてくださいました。
面倒見が良いってレベルじゃ・・・大変助かりました、いずれ2乗にして返したいと思います。
・・・・・・、
・・・2乗だと桁がやばいことになるのでやっぱり2倍くらいで勘弁してください。

あとは帰りの電車で眠っていたら終点で駅員さんに叩き起こされましたとか、そんな感じです。

肉まんを食べ損ねたりもしましたが、堪能しました。
参加者御一同、着ぐるみに付き合ってくださりありがとうございました、大変私得でした。
そして幹事のペンギンさんありがとうございました、あなたのお陰で集まれた、ありがたやありがたや・・・
全部ひっくるめてお疲れ様でした!た!

以下、おまけ的な何か。


さて問題です [○コマ劇場]


シディララマ出身者が、ガランカナン出身者またはヴァシアタ出身者とやり合えば絶対に勝てるものってなんでしょう。
前提条件:頭装備は無し

なーんだ1のコピー.jpg


答えはこちら


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。